会長あいさつ

 

 

あいさつ
佐久市体育協会は、平成17年に旧4市町村の体育協会が合併して誕生しました。昭和36年に創立した旧佐久市体育協会から今日まで50年間余に亘り、佐久市における総合体育団体として、体育を振興し、市民の体力向上を図り、体育文化の高揚に努力し、市内体育団体の連絡調整とスポーツ精神を養うことに努めてきました。
  合併後10年を経過し、スポーツ事業運営の主体化とそれに対応できる組織の整備を図ることをとおして、スポーツ団体としての社会的認知と地位向上を図り佐久市の更なるスポーツ文化の振興と市民の体力向上、競技力向上、市民スポーツ普及推進をめざし法人化を図ることとし、平成28年2月18日特定非営利活動法人佐久市体育協会を設立し、新たな活動を始めました。
  現在では、加盟競技団体も35競技部となりその活動内容は年々充実し、拡大しています。
  佐久市の社会体育施設も、佐久総合運動公園には待望の陸上競技場が完成しましたし、今後は野球場やクロスカントリーコースも計画されています。更には創錬の森に県立武道館が計画されるなど着々とスポーツを取り巻く環境の整備が進められています。
  これらの施設の有効活用は、佐久市体育協会に今求められている課題であると考え、夏季オリンピック・パラリンピックの2020年東京開催が決定し、スポーツへの関心が一段と高まっているなか、東京との地の利を活かした新規事業の企画立案も視野に入れ、佐久市と車の両輪となり、更なるスポーツ文化の振興と市民の体力向上、競技力向上、市民スポーツの普及推進をめざしてまいります。
  これからも、一緒に、スポーツを通じて、健康で明るい元気のある佐久市にしていきましょう。


               会長あいさつ
  会長 清水 浩


















 

役員名簿 体協定款 年間スケジュール 事業案内